baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ハーフボレーの威力

ハーフボレーの場合、スピードが出ないのは一般的にボールがラケットに当たってから
押し出しているだけになっているケースが多いです。

バロンの持論ですが、全てのボールは「スイングの中間で打球する」のです。
バックスイングとフィニッシュではラケットスピードはゼロです。スイングの中間ではラケットスピードは最速になります。
ですからこの時に打球するとパワーをボールに伝える事が出来るのです。

ハーフボレーも打球時にボールに向かってスイングして行く事です。
待って押すだけだとラケットスピードが上がらないうちに打球するのでスピードがでません。
小さめにでもラケットとボールの前後の距離をとって待ち、スイングしましょう。

安定性についても押すだけになっていると思われます。
打球後に前腕の外旋運動で、ラケットヘッドをかぶせるようにします。
こうすることでボールに前進回転がかかるので、安定してくると思います。
スポンサーサイト
このページのトップへ

飛びつきのフットワーク

フットワークには種類があります。
中国選手が得意な一歩動(近い方の足を一歩だけ動かして打球する。単歩ともいう)や、同時同足法。
ドライブマンが大きく動く時に使う3歩動などです。

通常、フォアで台に付いたときに使うのは3歩動がいいと思います。
右利きの場合で説明します。
動こうとする足を踏み出します。(この場合は右足ですね。)次に踏み出した右足に左足を引きつけながら、右足で床を蹴って
フォア側に移動します。着地は左足からして、右足を飛球するボールに合わせます。
リズムとしては「イチ・ニイ・サン」でなく、「イッチ・ニ・サン」の感じでしょう。
大きく動くときは足を大きくクロスさせます。(右利きの場合、左足が右足の前を横切る。)

韓国のドライブマンは足をクロスさせる一歩動を使います。
つまり、フォアのボールに対して、左足を交差させ、打球します。
その足で強く床を蹴って戻るのです。非常に強い筋力がないとこうしたフットワークは使えないと思います。
このページのトップへ

シェークのバックブロック

ブロックは肘の向きを下にして、ラケットの先端をやや立て気味にすると角度が出しやすいと思います。
これには私なりの持論があります。ラケットを横にした場合、相手のドライブを処理するときに角度がかぶせにくくなるので、オーバーミスが出やすくなります。これを防ぐには体の近くで打球すればいいのですが、相手にも時間的余裕を与える事になります。
ラケットヘッドをやや上向きにすることで、ヘッドを前方に倒しやすくなるので速い打点での処理が可能になります。
もう一つ付け加えるなら、前傾姿勢を保ちボールに押されない様な体勢をとります。ブロックは体の重心内で行うようにしましょう。
ハーフボレーを含めて自分から振っていく場合は支点を肘でなく、肘と手首の中間くらいにします。
下回転のボールを対処するにはラケット面より、グリップの方から先にボールの下に入れる感じで、前方向にヘッドを回します。
このページのトップへ

3球目で逆をつかれる

一つは考えていたパターンが相手に通じないときは勇気を持ってやり方を変える事です。例えば、バック側にサービスして先手が取れないのであれば、フォア側に多めに出す。しかし、パターンは最初から最後まで効くものでは無いし、そのパターンを効かせるために捨てるポイントも必要です。

変化がわかりやすい、コースがわかりやすいのであれば、相手は容易に3球めを封じるレシーブができます。サービスも工夫しましょう。
それと、一つのサービスに対して3種類のレシーブを想定した3球めの練習が必要です。ツッツキ、ストップ、払いなどです。
このレシーブなら攻められるがこのレシーブをされると攻められないという弱点があれば、相手は楽です。
強い相手になれば、最初は効いていたサービスでも最後は慣れられます。対戦相手の弱点も掴んでしまいます。
ドライブが得意な選手に対しては、私が相手だったらストップレシーブや逆モーションレシーブを使うでしょう。
それで、ついてくるようなら、なるべく相手を大きく動かして打球点を下げさせて威力の落ちたドライブをかけさせると思います。
卓球は自分の技術だけでは勝てません。相手の弱点は何なのか、相手は今何をしようとしているのか、自分の得意な技術を生かすにはどうしたらいいかを絶えず考えながら試合する事が大切です。
このページのトップへ

ロビングって?

ロビングとは相手に強打されたボールを後方から上に向かって打ち、高い軌道で返球する打法です。
このボールを打つのがロビング打ちです。
ボールは高く跳ねますので、自分の姿勢を高く保ち、スイングは腕を伸ばして(回転半径を大きくする)上から下に打ちます。
頭の上から脇の下や腰のあたりにスイングする感じです。
踏み込んで打つために、打った後はステップバックして、次のボールにそなえます。
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。