baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

基本姿勢

これが悪いと逆をつかれると弱い。すぐにミスが出る。ボ-ルに威力が出ない。

◎チェックポイント

①自分の得意を最大限に発揮出来て、しかもどこへきても返せるような基本姿勢か。

②上体は前傾しているか
ドライブ主戦選手ですぐ台から下がりたがる人がいるが、こういう人は上体の前傾が足りない場合が多い。
重心が両足の土踏まずの上かもしくはそれより後ろになってしまうため、1本打つとすぐ足が下がってしまう。
少し背中を丸めた状態で前傾を保つ事。

③スタンスはどうか
スタンスは原則として一定している方がいい。背の高い人、強打、ドライブ型は肩幅より広めにとる。
背の低い人は肩幅より狭目にとる。1球ごとにスタンス幅を変えない事。
変わってしまうと同じ高さ、同じフォ-ムで打ったつもりでも微妙に狂ってくる。
重心は両足親指のつけねに均等にかかるようにする。
④膝が棒のようにつっ立っていないか
膝はバネの働きをする。棒のようにつっ立った姿勢ではバネの働きをしない。軽く曲げた程度で構える。
曲げすぎると腰(重心)が落ちすぎてネットぎわのボ-ルへの飛びつきなど大きな移動がうまくいかない。

⑤本当に次をどこへ打たれても良い姿勢になっているか

⑥左右の位置のとりかたはどうか

⑦台との距離はどうか
台につきすぎるとショ-トから攻撃への切り替え、攻撃からショ-トへの切り替えなどがうまくいかない。
また、深いボ-ルや速いボ-ルに対してつまったり振り遅れたりする。
中国をはじめ、最近のショ-ト主戦型は台から1m前後の位置でショ-トもやり、攻撃への切り替えもやる。
この方が発展性がある。
連続攻撃する場合、ステップバックしないと深い返球につまってしまう。
スポンサーサイト
このページのトップへ

フォア前のレシーブ

1.ナックル性  
ラケット角度は台に対して直角近く。低くバウンドするので打球点を正確にとる。ボ-ルをネットまで押し込むようにして打球する。

2.下回転
切れれば切れるほどラケット角度を上に向ける。バウンド後、止まるような感じになるので、足をしっかり踏み込み、腰をやや上前方に出しながら打球する。

3.横回転ラケット角度は直角かやや下向き。ボ-ルの曲がる方向をよく見て、曲がる分を計算し、
飛来方向の真後ろにラケットを高く持っていく。

4.上回転
ドライブ性の短いサービスでバウンドが高い。ラケットをかぶせぎみにして、ミ-トを短くして打球する。

●注意点
1.打球点を最重視する。(頂点よりも少し前。遅くても頂点をとらえて打球する。)
2.ラケットの動きは打球点の位置まで最短距離を通ること。
3.ナックル性サービスに対してはバックスイングを小さくして、手首と肘中心の小さな振りでネットめがけて押し出す感じ。
4.体を台にかぶせるようにして打つため、打球後は前傾姿勢のまま踏み込んだ足を強く蹴ってもどること。
このページのトップへ

卓球を好きになろう

強くなりたいと思ったら卓球を最高に好きになることだ。そして夢中になって続ける事だ。
途中、少しやめようか、休もうかと思う事もあるかもしれないが我慢しよう。
自分を甘やかすし、執着力や粘りもついてこない。

卓球が最高に好きになれば、卓球は自分の生活の中で不可欠のものとなる。
生活の中で卓球についてあれこれ考える事は練習、試合に反映し、好結果を生むことになる。
強くなるにはどういう練習をしたらいいか、更にどういう生活態度をすればいいかを常に考え続ける事が必要である。

人間は万能ではない。他人が楽しむ生活の一部を犠牲にしてその分を卓球につぎ込まなければならない。
あれもこれもと、いわゆる八方美人では通用しない。君達には学校もある。寝る時間も取らねばならない。それは誰でも同じことだ。
大事な事はその他の時間をどれだけ卓球に費やすことができるかにかかっている。
テレビも見たい、友達とも遊びたいその上に強くなりたいでは甘すぎるとは思わないか?
このページのトップへ

夏にステップアップしよう

夏は暑いのがあたりまえだ。誰でもダレて集中力が続かなくなる。しかし、強くなるためには練習をしなければならない。
目標を持っている選手は人と同じことをしていてはいけない事を知っている。
だから、暑くてもうやめようと思った時、ここで頑張れば自分は絶対に強くなると信じて練習するのだ。
大切なのは強くなりたいと願う事ではなく強くなってやると心から思うことである。(受け身的な発想ではいけない)
トレ-ニングは嫌だ。フットワ-ク練習は疲れるからやりたくない。これでは強くなれる訳はない。
人がつらくて嫌がる練習を進んでやろう。
学校も夏休みに入り、自分の時間も増える。その時間を有効に使えるかどうかは君の心構え一つにかかっている。

●トレ-ニング計画をたてる。
●短時間で集中する。休憩をこまめに取りながらやるときは気合いを入れて練習しよう。
●汗をかいたらそのままにしないで、タオルでふく。ユニフォ-ムを着替えるなどに気をつけ、体のコンデイションをくずさないようにする。
●休憩時間に水分を取りすぎないようにする。

コーチから一言
ダラダラと長い時間を使っても練習効果は上がらない。メリハリを付け、目標を持った練習をしよう。
このページのトップへ

短いボールを強打する

短いボ-ルを打つときは踏み込みをしっかりと行わないと打球点を落としてしまう。打球点が落ちると攻める確率が少なくなる。
次のボ-ルを心配する前に、まずしっかり踏み込むことだ。自分の打つボ-ルが良ければ相手の返球は甘くなり、続いて攻められるものだ。もちろん、打球後の戻りを一刻も早くすることは大切である。
フォアへ回された時、あるいはフォアへ強く打たれた時にも踏み込む。そうすれば強く打ち返せる。
これは技術的なもの(足の動かし方)ももちろんだが、ボ-ルに向かっていこうとする気持ちが大切だ。
出足が遅れて踏み込めなくとも、両足で飛び、空中姿勢で打てば押されながらも踏み込めて強く打ち返せる。腰の位置を高く保ち、体の回転力を使うこと。
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。