baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

腰を使う

攻撃選手はプレ-を速くする事が大切だ。だが、腰を使わず手先だけで打つ人がいるが、そういう人は凡ミスが多い。フットワークがよければ凡ミスはかなり防げるが威力は腰を使わないと爆発的なものがでない。スピ-ドのある球で安定性を出そうとするなら腰を使う事である。

腰を使う事で最も大切な事はバックスイングの姿勢だ。この構えの良しあしで腰が使えるかどうかが決まる。親指側の内側でしっかり立ち、腰だけをひねる。この時、腹筋を使って腹を引っ込める。(両肩の高さは同じ。アゴを左肩の上に置く感じ。左足はやや打球方向に向く。)左肩とフリ-ハンドを前に残した形で軽く重心を右足側に移動する。インパクトは正中線(体の中心を通る垂直線)よりやや左側を軸にして、右腰を前に突き出すように腰を回し、その回転運動の最も速くなったところで打球する。この時、重心は両足の真ん中に来る。どちらかに片寄ると上半身と下半身のバランスが取りにくくなってしまう。そして左肩が後方に回りすぎないように送球点に正対してフィニッシュ。(自分の打ったボ-ルが相手コ-トに落ちる点にまっすぐ向いた位置で終わり)重心は左側に移る。こういった腰の動作はすばやく、強くしないと振り遅れる。いくら使い方が正しくても役に立たない。

スマッシュでは腰の回転運動と平行移動が大きく行われる。フォアロングよりスタンスはやや広め。踏み込みを右足の強いケリでおこなう。フリ-ハンドを前に出してバックスイングを取り、それを打球後に強く引く力を利用する。フォアハンドロングとはバックスイングでの左肩の突き出し、右腰の引きの大きさなどが違う。

腰を使うのはフォアハンドに限った事ではない。サービス後の戻り、回り込み、いろいろな場面で使いたいものである。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baronsworld.blog32.fc2.com/tb.php/38-1357d5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。