baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

マイ・ラケットを持とう!

思ったよりオモシロイんだと感じてきたら、自分だけのラケットを持っちゃおう!
ボウリングだって、ゴルフだって、自分専用の物を持ってこそ、上手くなっていくんだから・・・。
あなただけに、ラケット選びのコツを教えちゃいます。
 
その1. ラケット本体について
ラケットは握り方によって、概ね2種類に分けられる。まず、握手をするように持つ「シェークハンド」、そしてペンを持つように握る
「ペンホルダー」。値段は3千円位から1万円前後。材質によって異なる。
シェークは合板(薄い板を張り合わせた物)が多く、中にはカーボンのような弾む材質を挟み込んだ物もあるが、これから始めようとする人にはあまり向いていないと思う。
弾みがいいと言うことは威力は出るが、コントロールが難しいから。
購入に当たってはやはり専門店に相談するのが一番だと思う。
その2.  ラバーについて
ラバーとはラケットに貼ってボールを直接打つゴムのシートを言う。大別すると「表ソフト」と「裏ソフト」がある。
表ソフト(以下、表)はイボが上向きになっていて、その下にスポンジが着いている物と着いていない物(一枚ラバーという)がある。
回転は裏ソフト(以下、裏)に比べるとかけにくいが、球離れが速いし、回転が少ないボール(ナックル)で返球しやすい利点がある
相手の回転にも裏に比べれば影響を受けにくい。
裏はボールとの接地面積が多くなるので回転をかけやすい。最近はドライブ主戦の攻撃型が多いので、使用選手が多い。
ただ、ラケットに2枚ラバーを貼る選手(シェークハンドラケットと、ペンホルダーでの反転型など)は同じラバーであっても、その色は違わないとルール上いけない事になっている。
各メーカーで出しているラバーにはそれぞれ特徴があるし、同じラバーでもスポンジの厚さで使用感が異なるので、これも専門店に聞くのが一番。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baronsworld.blog32.fc2.com/tb.php/4-53aea014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。