baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

戦術

☆右ききの対左きき戦術
ショートサービスで前に寄せ、3球目を高い打球点でのプッシュまたはバックハンドでフォア側に深く攻め、相手が台から大きく下がればバックサイド深く攻めこみ前後左右に揺さぶり得点に結びつける。
また,相手が3球目のフォア側への攻撃を下がらずに前で止めた場合は5球目をミドルに攻めて、一度
体の動きを止めてから攻める。ただし、3球目をフォアハンドで回って打った場合はプッシュ、または
バックハンドで攻めた時よりもその効果は薄くなる。時間的に遅くなるだけでなく、次の動作を起こすために大きくフォア側へ動かなければいけない場面が沢山出てくる。

☆ロングマンの対カットマン戦術
ロングマンがカットマンと対した時、一番大切な事は、何本でも粘れるという技術と自信である。
もちろん、スマッシュ、ストップの技術は必要だ。しかし、それらの技術はあくまでも粘れる事が出来て
初めてその効果を発揮するものだ。

戦術的には相手を徐々にミドルへ(またはコーナーへ)寄せ、スマッシュ、またはそれに準ずるボールでコーナーを(またはミドルを)狙い得点する。ストップは多用しすぎると自分のタイミングを狂わすばかりでなく相手の攻撃の目標になってしまう。ストップのコースはバック側に強打したあとより、フォア側へ強打した後の方が効果がある。フォアカットでスマッシュをとった後の方がラケットが下がるため、重心も下がる。当然、前への移動はバック側より遅くなるからだ。

☆前陣攻守型の対ドライブ型戦術
前陣攻守型がドライブ型に対するコースとしては相手を大きく揺さぶる事で、クロスボールが多くなる。
それに確実性のあるドライブに対して前陣において止めるにしても角度で押さえて打つにしても
ストレートより距離の長いクロスの方が安定度は増してくる。相手を大きく揺さぶる結果にもなる。

☆ドライブ型の対前陣攻守型戦術
前陣攻守型のバックハンドに対しては、バックハンドハーフボレーがあればバック対バックで対抗する。
また、高い打球点でネットより少し浮いたボールに対しては60%の(以上の)確立を持つスマッシュ力を持たねばならない。

                                  卓球ジャーナル 1972.02  三木圭一
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baronsworld.blog32.fc2.com/tb.php/72-23ed8af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。