baron's World

卓球初心者、指導者のためのホームページを ブログ化しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ロングサービス

サーブ練習はロングサーブが主体でコースはストレート第一。ストレートにスマッシュと同じ速さのスイングをしてロングサーブが出せればクロスは長いのだからいつでも出来る。ビュッと風切り音が聞こえる程度早く全力でラケットを振る素振りが第一。
第二が打球。もちろんこの段階ではノーコントロール。だがゆるいボールでコントロールを付けようとはしなかった。ゆるいボールを打つフォームのコントロールと、速いボールを打つフォームのコントロールは転移性が低いと感じたからだ。何でもいいから力いっぱいに打つ。どのくらいのオーバーミスかを確認する。「これでいいのだ」とミスをチェックするわけだ。なおも思い切って振っていると、ボールがラケットに当たってから台にはずむまでの線が、直線ではなくてすでに放物線であることを感じるようになる。この感覚が出来ると、全力スイングのエネルギーを回転とスピードとに比率を自由に配分して振れるようになる、これが第三段階。
そうするとミスの仕方にまとまりが出始める。5cmオーバーした、3cmオーバーした、もう少し回転をかけ、もう少し小さい入射角で、というような感じがひらめいてくる。やがてサーブが計算どおり入りだす。これが第四段階。この間足は完全にストレートに最も出しやすい形をとる。上体の角度もエンドラインに平行で腕が振り回しやすい。第五段階は、これで百発百中になったところ。
ここでネットの高さを1.5cm上げる。またミスの連続。ここでは5発連続で入るように目標をおく。それが決まるようになった時には、まず足の位置がピタッと決まっているはずだ。身体の構え、振り出しのタイミング、掌の湿り具合、打球のリズム、すべてアポロクラスの信頼度。この辺までやれた者がボールの継ぎ目を狙う心境と技術に達するわけだ。
その次が目をつぶって練習する段階。これをやるとそれまで自信をもっていた体の構えや動きがいかに不確実なものだったかが分かる。それだけにこの練習は自信を固めさせる。その次はそのままインパクトの一瞬前にパッと腰をひねってバッククロスに出す練習。これをやると10人中9人まではショートになる。感の良い人に狙われないためには自分自身がサーブを出す前にいったん「無」の境地に立たねばダメ。振り始めた時は自分でも知らなくてインパクトの瞬間に決まっていた、というのであれば相手の感はヤマ感に近い程度にしか働かせられなくなる。これが最終的な工夫だった。

                                 卓球レポート 1970.3 荻村伊智朗
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baronsworld.blog32.fc2.com/tb.php/90-731ce511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

ご挨拶

ホムペからブログに移行しました。
卓球愛好者・指導者の参考に・・
カテゴリーから選んで、どうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

バロン

Author:バロン
卓球3段、
NPO法人八王子市体育協会公認コーチ、
八王子市卓球連盟副理事長
同 ラージボール推進委員、
2002年11月より丸善JBで指導中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。